40代 女性 育毛剤 おすすめ

“40代女性にとって育児に追われている場合や、高齢出産後に薄毛に悩む人が少なくありません。ストレスが原因で薄毛になっていると考えがちですが、実際には女性ホルモンの減少が大きく影響しています。30代から50代に向けて身体が急速に変化する時期でもあるため、今必要としている成分を含んだ育毛剤を選ぶことがおすすめです。

■薄毛になる原因を把握して育毛剤を選ぶ必要がある
40代という年齢は、薄毛になる原因に個人差が出やすい時期です。更年期と呼ばれる時期は、閉経を迎える50歳を挟んだ前後5年ずつと考えられています。40代前半までは高齢出産により女性ホルモンのバランスが大きく崩れている人も少なくありません。脱毛を防ぐために使用する育毛剤として、頭皮にどのような成分が必要なのか自己分析して育毛剤を選ばなければならない難しい時期にいるわけです。

■女性ホルモンを補う役割をする成分に注目しよう
40代になると卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンは、急速に分泌量を減らすことになります。エストロゲンは、女性らしい艷やかな髪を保つために有効な成分として知られているので、エストロゲンが減少して薄毛になり始めていたらエストロゲンを補う役割をするイソフラボンやサポニンを含んだ育毛剤を使うと良いです。大豆イソフラボンやサポニンを含む育毛剤として、オタネニンジン根エキスや海藻エキスのm-034といった成分が入っている製品が有名です。

■血行促進と保湿のバランスを保つ成分が入っている育毛剤を選ぶ
育児や子育てに追われていると、忙しく家事をこなすために髪を束ねる機会が増えます。頭皮が常に引っ張られる状態は、血行不良を起こしやすくなるので、頭皮の血行促進と保湿の両方に効果がある成分が入った育毛剤を選ぶと良いです。40代女性の中には、カラーリングを続けて髪と頭皮を痛めつけている人がまだいます。オシャレのしすぎから薄毛になることも多いので、頭皮のマッサージと血行促進成分が入った育毛剤を併用することが望ましいです。”